So-net無料ブログ作成
検索選択

花粉症に薬局の薬は使えないらしい? [ブログ]

スポンサーリンク




花粉症対策には薬と考えるのは当然として・・・

薬局へ走ったとします。



ところが、薬局の薬は役に立たない?らしいです。


薬局には、アレグラ、アレジオン、ザジテンなどの処方薬と

同じ成分の薬も売られていますが、ザジテンはもはや処方では滅多に使われないレベルの

効果の低さ。

アレジオン、アレグラも効果はありますが、病院で処方を受ければ7割引(保険適用)。

またアレグラのフェキソフェナジンはジェネリックが出ており、それを使えば

さらに薬価が半額くらいになります。



また、クラリチン(ロタラジン)や、タリオンという強い薬もあります。

また近年は、ロイコトリエン拮抗剤のシングレア(モンテルカスト)がアレルギーにも

使われるようになってきており、アレグラなどと合わせると、眠気がほぼ無い状態で

鼻づまりをさらに強力に押さえ込むことができます。



また鼻薬も、ステロイド系の強めのものを少ない回数使うことが望ましく、

それらも処方を受けた方が圧倒的お得です。

市販の鼻薬はナファゾリン主剤のもので、鼻炎を悪化させることが多いので使わない方が

いいとさえ言えます。

点鼻薬はよっぽどのことが無い限り、処方されるステロイドの強いものを

1日に2、3回以内の使用で押さえられるというのが理想です。




新しい薬ではディレグラ。

アレグラの上位版でアレグラと同じフェキソフェナジンにプソイドエフェドリンが入っているので、

より強くアレルギー症状を抑えることができ、眠気がありません(ごく希に眠気を感じる人もいる)。

ただし押さえる強さはタリオンには適わないので、好みの分かれるところ。



またセレスタミンなどのステロイドで抑えてしまう方法もあります。

使う期間など医師にしっかり相談して、体質を考えながら決める方がいいでしょう。




これらの処方薬は、別に耳鼻科に行く必要もなく、適当な内科でも処方可能なので、

混み合っている耳鼻科に行かなくても大丈夫です。



ただし、花粉症は食事で改善できるとも言われていますので

その方面での検討も大切でしょうね。




重度の花粉症暦24年でたどり着いた「花粉症の症状を克服する方法」





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。