So-net無料ブログ作成

研究し尽くして完成した「リノール酸低減式花粉症対策」 [ブログ]

スポンサーリンク






▲ ▲ ▲ 「リノール酸低減式花粉症対策」 の詳細はクリックを



薬によって症状を抑える方法というのは、

「かゆみ物質」の放出の抑制または無力化をしているのであって、

かゆみ物質そのものを減らす方法ではありません。



薬では、原因物質を減らすことはできません。

つまり薬を使った対症療法では、細胞内に溜まっている「かゆみ物質」

が減らないため、根本解決にはなりません。


mast.jpg



マスト細胞というのは、そもそも、

ヒスタミン、ロイコトリエンを抱え込む性質を持っています。

そして、ウイルスや細菌が入ってきたときに、

これらを放出することで体を守っています。




花粉症を発症している人と言うのは、マスト細胞の働き自体は正常であって、

なんらおかしいことではありません。




あなたは、人にはそれぞれ、花粉症が起こるまでの「許容量」がある、

という話を耳にしたことはありませんか?



「人の体には、花粉症になる“器”みたいなものがあって、

生まれた時にはその“器”は空っぽだが、 歳と共に、

その“器”に何かが溜まっていく。」

という話です。



“器”とは、鼻粘膜の周辺にあるマスト細胞のこと。

“溜まってくいく何か”とは、かゆみの原因物質(ヒスタミン、ロイコトリエン、…)のこと

だったのです。

そして、著者は、この話に基づいた治療法によって、体質改善に成功したのです。



「リノール酸低減式花粉症対策」の詳細はこちら



「ついに私も花粉症になってしまった…。もう一生治らない…」

とあきらめる必要は全くありません。



ヒスタミンやロイコトリエンといった、「かゆみ」や「その他の炎症」の原因となる物質を、

マスト細胞から十分に減らせば、花粉症の症状は一切でなくなります。

かゆみの原因が無くなってしまうからです。



花粉にまったく反応しない体を手に入れるためには、

原因物質を徹底的に体の中から減らせば良いのです。




鼻のかゆみ、のどの痛み、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの原因物質である、

ヒスタミン、ロイコトリエンなどをマスト細胞から減らせば、

花粉症は治るということです。



おもいっきり鼻から息をすうことができる素晴らしい春。

そんなすがすがしい春をあなたにお届けできれば幸いです。



「リノール酸低減式花粉症対策」で花粉症を克服した喜びの声をコチラからご覧ください。



どうか、今こそ、花粉症の「根本解決」にチャンレンジしてください。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。