So-net無料ブログ作成

「花粉症」市販薬の使い過ぎには注意! [ブログ]

スポンサーリンク





近年は新たな治療薬が登場したり、舌下(ぜっか)免疫療法の保険適用などで

花粉症治療は大きく進歩してきています。


ダウンロード (16).jpg



ただし、現在も花粉症治療の第一選択は内服による治療に変わりはありません。

治療薬の中心となる第2世代抗ヒスタミン薬は10種類以上ありますが、どの薬が

効果的かは患者さんによって異なっているので、いくつか試すことも大切です。




この抗ヒスタミン薬は、ほとんどの症状に効果がありますが、薬によっては

各症状への強弱が違います。

そのため、一般的に鼻づまりには抗ロイコトリエン薬や鼻噴霧用のステロイドを併用します。




ここで、注意が必要なのが、

鼻づまりの際に緊急的に市販の血管収縮薬の入った点鼻薬を使う人が多いのですが、

血管収縮薬は、鼻粘膜の血管を収縮させることで鼻づまりを一気に軽減させます。

でも、連用するうちに効かなくなり、薬剤性鼻炎という症状になることがあります。


こうなった場合は早急に使用をやめて、医師の指導で、内服薬や噴霧用ステロイドに

変える必要があります。




また、現在の抗ヒスタミン薬は副作用は少ないとはいえ、眠気などを訴え

内服できない患者さんも一定数います。

そういう場合には手術という選択肢もありますね。



この手術には外来でおこなう手術と入院でおこなう手術の二つに分けられます。

一つ目は、外来でレーザーを使って鼻の粘膜と粘膜下の血管を焼いて収縮させる方法。

二つ目はくしゃみや鼻水にかかわる神経を焼き切り鈍感にさせる「後鼻神経切断術」という手術。



ただし、レーザー治療は1回やるだけでは効果がなく、毎年数回やる必要があります。

また、「後鼻神経切断術」は10日ほどの入院が必要で、外来で治療をしても鼻づまりが

良くならない人に適用されるようです。



やはり、根本的に治したい場合、舌下免疫療法は有効な選択肢のひとつではあります。

また、最近の研究でヨーグルトなどの乳酸菌がアレルギーに効果があることも

わかってきました。




花粉症に長年悩まされ、改善できた方法があります。

↓ ↓ ↓


「リノール酸低減式花粉症対策」



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。