So-net無料ブログ作成
検索選択

舌下免疫療法の効果はどのくらい? [ブログ]

スポンサーリンク




「舌の下にスギ花粉の液を滴下してスギ花粉症を治す」という治療法を

新聞やテレビでみたことはありませんか?

これが舌下免疫療法です。



注射で行なう皮下免疫療法は保険適応で1960年代から行なわれていましたが、

新しい免疫療法として舌下に薬を滴下する舌下免疫療法が

2014年に初めて保険適応となりました。





免疫療法は現状では唯一の花粉症を治し得る治療法とされています。

がしかし、全員には効きません。

全体でみると80%以上の方に効果はあるようですが・・・

実はまだ、皮下免疫療法のほうが舌下免疫療法より若干よい結果がでています。




私の知人も今年、舌下免疫療法をするとハリきっていますが

改善できることを祈ります(?)



本当に、花粉症はやっかいですね。


舌下免疫療法はどうやるのかって気になりますよね。

舌下(舌の裏) にシダトレンというスギ花粉を抽出した薬を滴下します。

舌下に保持したまま2分間そっとしておき、その後に飲み込みます。

これを最初の2週間で量を増やしていき、3週目からは同じ量の薬を毎日舌下投与します。

1回目の舌下投与は医療機関で行ないますが、以降は毎日自宅で行ないます。



結構大変なんですね~。


ただ、舌下法で誰でも根治するわけではありません。

この方法で、より症状が良くなることを願いながら、花粉の多く飛散する時には

病院で処方される飲み薬などの併用が勧められるようですよ。





(参考)


「リノール酸低減式花粉症対策」


花粉症でお悩みの方必見!花粉症改善プログラム「花粉バスター」







スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。