So-net無料ブログ作成

「花粉症」市販薬の使い過ぎには注意! [ブログ]


近年は新たな治療薬が登場したり、舌下(ぜっか)免疫療法の保険適用などで

花粉症治療は大きく進歩してきています。


ダウンロード (16).jpg



ただし、現在も花粉症治療の第一選択は内服による治療に変わりはありません。

治療薬の中心となる第2世代抗ヒスタミン薬は10種類以上ありますが、どの薬が

効果的かは患者さんによって異なっているので、いくつか試すことも大切です。




この抗ヒスタミン薬は、ほとんどの症状に効果がありますが、薬によっては

各症状への強弱が違います。

そのため、一般的に鼻づまりには抗ロイコトリエン薬や鼻噴霧用のステロイドを併用します。




ここで、注意が必要なのが、

鼻づまりの際に緊急的に市販の血管収縮薬の入った点鼻薬を使う人が多いのですが、

血管収縮薬は、鼻粘膜の血管を収縮させることで鼻づまりを一気に軽減させます。

でも、連用するうちに効かなくなり、薬剤性鼻炎という症状になることがあります。


こうなった場合は早急に使用をやめて、医師の指導で、内服薬や噴霧用ステロイドに

変える必要があります。




また、現在の抗ヒスタミン薬は副作用は少ないとはいえ、眠気などを訴え

内服できない患者さんも一定数います。

そういう場合には手術という選択肢もありますね。



この手術には外来でおこなう手術と入院でおこなう手術の二つに分けられます。

一つ目は、外来でレーザーを使って鼻の粘膜と粘膜下の血管を焼いて収縮させる方法。

二つ目はくしゃみや鼻水にかかわる神経を焼き切り鈍感にさせる「後鼻神経切断術」という手術。



ただし、レーザー治療は1回やるだけでは効果がなく、毎年数回やる必要があります。

また、「後鼻神経切断術」は10日ほどの入院が必要で、外来で治療をしても鼻づまりが

良くならない人に適用されるようです。



やはり、根本的に治したい場合、舌下免疫療法は有効な選択肢のひとつではあります。

また、最近の研究でヨーグルトなどの乳酸菌がアレルギーに効果があることも

わかってきました。




花粉症に長年悩まされ、改善できた方法があります。

↓ ↓ ↓


「リノール酸低減式花粉症対策」

花粉症対策の激安モニターに参加しませんか? [ブログ]

花粉症対策の決定版!『アトピタン』100円モニター



あなたの不快な花粉のムズムズ&イライラ対策に・・・

花粉症対策のサプリメントの決定版!『アトピタン』100円モニターを募集しています!

『アトピタン』は飲みやすさと吸収力にこだわった花粉対策サプリメントです。




この花粉症対策サプリ『アトピタン』を開発したのは、

中野BC株式会社という和歌山県海南市に本社を置く酒造会社です。

中野BCのBCとは「Biochemical Creation」(生化学の創造)の略。



日本酒・梅酒・焼酎等の酒類のほか、梅果汁の生産及び他社への供給も行っており、

梅果汁の生産量では日本一を誇ります。また、近年では梅エキスを使った健康食品や

サプリメントの製造・販売にも進出しています。

2004年から梅酒に和歌山県産の果実や果汁を加えた「カクテル梅酒」のラインナップを

強化して、東京都内を中心に人気を集めています。



2011年に、梅エキスがインフルエンザウイルスの感染予防と蔓延予防の双方に

作用することを中部大学の教授とともに突き止め、インフルエンザの感染・蔓延予防に

つながる天然成分の発見は世界でも初めてで、新聞やインターネットで話題となりました。

すなわち、総合酒類(食品)メーカーのパイオニアとして新しい製品を世に提供し続けている

企業です。



『アトピタン』は、和歌山産の青みかんと健康成分ナリルチンを多く含むじゃばらの成分を

ぎゅーと凝縮した花粉症対策サプリメントです。

これで、ムズムズ&イライラを抑制できます。




『アトピタン』はこんな方にオススメです!


■季節の変わり目になると憂鬱になる

■じっとしているだけで不快である

■ハンカチが手放せない

■ティッシュの使い過ぎで鼻が真っ赤

■そんな状況だから人に会いたくない

■出来れば外出したくない

■目が充血して涙が止まらない

■マスクやメガネをしてみても全然ダメ



その場しのぎの対策ではなく

この花粉症対策サプリ『アトピタン』で

≪年間を通したキチンとした対策≫をしませんか?


  ▼ ▼ ▼




花粉症対策の決定版!『アトピタン』100円モニター




お金をかけずにできる!花粉症のやわらげ方 [ブログ]


花粉症改善や花粉症対策で病院へ通ったり、投薬をしたり、

お金がかかることばかり。

今回は、お金をかけずに簡単にできる花粉症のやわらげ方を紹介しますね。



● 鼻の横にあるツボ、迎香を押す

小鼻の両脇すぐ横に少しヘコんだ部分があります。

ここが「迎香(げいこう)」と言われるツボなんですが、このツボに指をゆっくり押しこむことで、

鼻の通りが良くなりスッキリするそうですよ。




● 温かいタオルを鼻に乗せる

水に濡らして硬く絞ったタオルをラップに包んで電子レンジで1分ほど加熱します。

できあがった蒸しタオルを鼻にのせるだけでOK。

鼻孔が広がったり粘膜の血流がよくなって、一時的に鼻の通りがよくなります。




● 目のかゆみには冷たいタオルが効果的

タオルを冷たい水で濡らして絞り、目に乗せることで、アレルギー物質である

花粉の炎症を緩和できます。

マメにまぶたに当てることでかゆみが楽になるそうですよ。

ただし、このとき目はこすらないようにして注意してくださいね!




● 目薬は冷蔵庫で冷やしたものを使う

外出中は無理なんですが、家やオフィスにいるときに便利なわざ。

心地良さが増すので、花粉症特有の不快感や目のかゆみがやわらぎます。

とはいえ、爽快感を求め過ぎて目薬を凍らせるのは良くないので気をつけてください(笑)




● 番茶に塩を加えたもので鼻うがい

鼻のムズムズ感の解消に効果があります。

鼻の中を洗い花粉やほこりなどの異物を取り除くことで症状が楽になります。

「鼻からゆっくりお茶を吸いこみ、口から出す」

を片鼻ずつ交互に行いましょう。




花粉症対策は、わらにもすがりたい気持ちです。

手軽にできることもやってみましょうね。



本格的に花粉症改善をしたい方はコチラをご覧くださいませ。

↓ ↓ ↓


「リノール酸低減式花粉症対策」


「花粉症の症状を克服する方法」


花粉症から解放されたい!「花粉★バスター」



花粉症の症状をやわらげる食べ物 [ブログ]

今年は昨年の約2倍の花粉が飛ぶと言われています!ゾッ~


薬に頼るだけでなく、花粉症の症状を和らげる方法があればな~と思いませんか?

実は、花粉症の症状をやわらげる効果のある食べ物があります。



■ てん茶

てん茶にはアレルギーを抑える作用や炎症を抑える作用があります。

てん茶には色々な種類がありますが、アレルギーに効果的なのは、

甜葉懸鈎子(てんようけんこうし)という種類です。





■ リンゴ

リンゴは、多くの栄養素を含んでいます。その中でもリンゴに含まれる水溶性の食物繊維は

アレルギー症状を和らげてくれる効果があります。

リンゴを毎日1個ずつ食べるのは難しいと思いますが、少しずつでも食べる習慣を

つけてみるといいですね。


ダウンロード (12).jpg


■ トマト

トマトに含まれるリコピンは紫外線対策として有名です。

さらにリコピンには鼻づまりなどの症状を抑えてくれる効果も期待できます。

リコピンは油に溶ける性質を持っているので、オリーブオイルで煮込んだりすると

更に吸収力がアップします。


ダウンロード (13).jpg


■ 玉ねぎ

玉ねぎにはケルセチンという成分が含まれています。

このケルセチンにはアレルギー性の病気の体質改善をする効果があるとされています。

また、抗酸化作用や炎症を抑える作用があるので、花粉症による炎症を抑えてくれます。

ケルセチンが多く含まれている皮の部分をなるべく摂取するようにすることが重要です。


images (17).jpg


■ チョコレート

チョコレートやココアに含まれるカカオマスポリフェノールには、

アレルギーの原因になる活性酸素の生成を抑える働きがあり、花粉症の症状を

軽減させてくれると言われています。ただし、食べ過ぎは太る原因になるので注意!


ダウンロード (14).jpg




意外に身近な食べ物でしょ。

花粉症の症状がひどいときに慌てて食べるんじゃなくて、ふだんから継続して

摂った方が効果が表れやすいので、早め早めに食べましょうね。






「リノール酸低減式花粉症対策」



「花粉症の症状を克服する方法」



花粉症から解放されたい!「花粉★バスター」



研究し尽くして完成した「リノール酸低減式花粉症対策」 [ブログ]



▲ ▲ ▲ 「リノール酸低減式花粉症対策」 の詳細はクリックを



薬によって症状を抑える方法というのは、

「かゆみ物質」の放出の抑制または無力化をしているのであって、

かゆみ物質そのものを減らす方法ではありません。



薬では、原因物質を減らすことはできません。

つまり薬を使った対症療法では、細胞内に溜まっている「かゆみ物質」

が減らないため、根本解決にはなりません。


mast.jpg



マスト細胞というのは、そもそも、

ヒスタミン、ロイコトリエンを抱え込む性質を持っています。

そして、ウイルスや細菌が入ってきたときに、

これらを放出することで体を守っています。




花粉症を発症している人と言うのは、マスト細胞の働き自体は正常であって、

なんらおかしいことではありません。




あなたは、人にはそれぞれ、花粉症が起こるまでの「許容量」がある、

という話を耳にしたことはありませんか?



「人の体には、花粉症になる“器”みたいなものがあって、

生まれた時にはその“器”は空っぽだが、 歳と共に、

その“器”に何かが溜まっていく。」

という話です。



“器”とは、鼻粘膜の周辺にあるマスト細胞のこと。

“溜まってくいく何か”とは、かゆみの原因物質(ヒスタミン、ロイコトリエン、…)のこと

だったのです。

そして、著者は、この話に基づいた治療法によって、体質改善に成功したのです。



「リノール酸低減式花粉症対策」の詳細はこちら



「ついに私も花粉症になってしまった…。もう一生治らない…」

とあきらめる必要は全くありません。



ヒスタミンやロイコトリエンといった、「かゆみ」や「その他の炎症」の原因となる物質を、

マスト細胞から十分に減らせば、花粉症の症状は一切でなくなります。

かゆみの原因が無くなってしまうからです。



花粉にまったく反応しない体を手に入れるためには、

原因物質を徹底的に体の中から減らせば良いのです。




鼻のかゆみ、のどの痛み、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの原因物質である、

ヒスタミン、ロイコトリエンなどをマスト細胞から減らせば、

花粉症は治るということです。



おもいっきり鼻から息をすうことができる素晴らしい春。

そんなすがすがしい春をあなたにお届けできれば幸いです。



「リノール酸低減式花粉症対策」で花粉症を克服した喜びの声をコチラからご覧ください。



どうか、今こそ、花粉症の「根本解決」にチャンレンジしてください。

コメを食べてスギ花粉症を治す!?花粉症治療米 [ブログ]



東京慈恵会医科大学で花粉症治療米の臨床研究が始まっています。

マウスを使った実験では安全性と有効性が確認されています。




この花粉症治療米は、見た目は普通のコメと変わりません。

理論的には、スギ花粉症の原因となる抗原(アレルゲン)と呼ぶたんぱく質の構造を

変えた遺伝子をコシヒカリに組み込みますが、構造を変えているので

アレルギー反応は起こらないとみられています。




現在の花粉症治療はくしゃみや鼻水、鼻づまりの原因となるヒスタミンの働きを

止める薬を服用するという対症療法が主流ですが、

この治療米を一定期間食べ続けると、体が徐々にスギ花粉に慣れ、

アレルギー反応が起きなくなります。

花粉が体内に入ってきても異物と認識しなくなるからです。




以前、農業生物資源研究所が慈恵医大らとスギ花粉症の症状を

和らげる「緩和米」の開発をしていましたが、

厚労省から薬事法に定める薬にあたると指摘され、中断していました。

それを、さらに効果を高めた「治療米」として開発を再スタートしたわけです。




治療米と緩和米の違いは、コメに組み込んだペプチドです。

緩和米では抗原の主要な部分を7つ繋ぎ合わせたペプチドを使っていますが、

治療米はスギ花粉症を引き起こす全ての抗原を含んでいます。

つまり、より多くの患者に効果が期待できます。



ただし、医薬品として承認されるためには、人への臨床試験を実施し、

副作用や効果を厳しく精査されます。

なので、もうしばらく時間が掛かりそうですね。





いまは、これでしょうか?↓

30日で花粉症・鼻炎・結膜炎を治す!!アレルギー体質の抜本的改善法









この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。