So-net無料ブログ作成

乳酸菌革命は花粉症に効くのか? [ブログ]


乳酸菌革命


【乳酸菌革命】に含まれている乳酸菌には、免疫機能の過剰分泌を抑える働きがあります。

ですから、

花粉症やアトピーの方が乳酸菌革命を飲むと症状が治まる人がいます。




花粉症やアトピーなどの症状と腸内細菌との関係は、

一般には結びつけにくいかもしれませんが、花粉症等のアレルギー物質は

鼻や口から体内に侵入し、腸へと侵入して行った時に腸内に悪玉菌が多い状態ですと、

免疫機能をコントロールする乳酸菌が少ないので、免疫機能が過剰に働いて、

花粉症等のアレルギー反応が起きてしまうことになります。




免疫機能(ヘルパーT細胞)には、「Th1」と「Th2」の2種類があり、

花粉症やアトピーの人は、この内の「Th2」の割合が多いと言う研究結果が有ります。



そして、この「Th2」を増えるのを抑える働きが有るのが、腸内の乳酸菌なのです。



そこで、腸内の悪玉菌を減らすためには、腸内環境を正常にすることが

大切なんですが、残念ながら通常のヨーグルトや乳酸菌食品には

乳酸菌の種類が少ないので、ある一定以上の腸内環境の正常化は見込めますが、

やはり、悪玉菌を減らすにはオリゴ糖等の成分も必要なわけです。



実は、乳酸菌革命には、

「ラクトバチルス・アシドフィルス」

「ラクトバチルス・ブルガリクス」

「ラクトバチルス・ガッセリー」

「ラクトバチルス・ブレビス」

「アシドフィルス・カゼイ」

「ラクトバチルス・ヘルベティカス」

「ビフィズス菌三種」



このように、 非常に多くの種類の乳酸菌が含まれていて、

さらに、「オリゴ糖」「デキストリン」「酵母エキス」等の乳酸菌の働きをより効果的に

させる成分も含まれています。



つまり、通常のヨーグルトと合わせて【乳酸菌革命】を摂取することが

今のところ一番良い方法なのでしょう。



乳酸菌革命










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。